DIET

痩せれる野菜?!ダイエットに向いている3つの野菜

ダイエットをする時って、まず食生活から変える方が多く、食事では野菜中心に食材を変える方がいます。

ただ、野菜の中でもダイエットするのに向いてる野菜があるんです!

今回はダイエットに向いている野菜を3つご紹介させていただきます。

ダイエットに向いている野菜

ブロッコリー

カロリーが低く低糖質のブロッコリーは最近では定番になってきました。

「βーカロテン」や「ビタミンC」「ビタミンB群」「葉酸」「カルシウム」「鉄」「カリウム」「食物繊維」など、ビタミンやミネラルをバランスよく含んでおります。

ブロッコリーは調理方法によって成分の残存率に違いがでることが分かっております。

塩茹でしたブロッコリーは44%、蒸し焼きにした場合は94%、電子レンジ調理は97%と差が大きく出ています。

ビタミンCは水に溶けやすい性質があるので、スープや蒸し焼きにすると効率的に成分を摂取することができます。

キャベツ

キャベツはよく噛むことで満腹感が得られたり、食欲に関わるホルモン分泌に影響することが分かっております。

早食いの人はそうではない人と比べて4.4倍も太りやすいというデータもありますし、よく噛んで食事をする習慣をつけていきたいですよね。キャベツのように咀嚼回数が意識しなくても上がる野菜を食べるようにするのは大事です。

また、キャベツには食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を整えてくれ、不要な老廃物を排出してくれるお手伝いもしてくれます。

マイタケ

ダイエットに役立つ成分が含まれていると最近注目されているのがマイタケです。

マイタケに含まれる「MXフラクション」という成分はほかのキノコには含まれない成分で、血糖値上昇を抑えてくれ、脂質の低下の働きがあると考えられております。

「MXフラクション」は水に溶けやすいので、マイタケをスープや味噌汁などに入れてスープごと食べるのが一番いいです。1日50g(約2分の1パック)ほど食べるとマイタケの力を得ることができるので、ぜひ料理に活用してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した野菜はダイエットするのを手伝ってくれる成分が豊富に含まれております。

ただ、食事をする時に咀嚼回数が少ないと、良い成分も吸収が不十分になってしまいます。

食べるときは咀嚼回数を多くし、ダイエットに役立つ野菜をより効率的に摂取していきましょう。

イチオシ商品一覧

商品名説明定期縛り販売価格返金保証送料詳細
スララインウエストを引き締め、納得のスタイルへ。なし3,980円なし無料詳細はこちら
アスロング髪に必要な成分を与え、髪をキレイに。なし3,980円なし無料詳細はこちら
ビセラ体内フローラを応援。キレイサポート。なし500円なし無料詳細はこちら
BIHACU透明感のある肌へ。美容家が精選した美白ケアサプリ。3回980円30日無料詳細はこちら
ビューティーオープナー30代からの悩み肌へ。話題の卵殻膜美容液なし1,980円なし無料詳細はこちら
グラマラスパッツ履くだけで簡単にくびれと美脚に特急変身?(価格:なし11,880円なし無料詳細はこちら
セノッピーギャル曽根さんが大絶賛。話題の子供成長サポートグミ。なし1,980円なし無料詳細はこちら
CUBIRE体内フローラサポート。ダイエット時に摂取したい栄養が凝縮。なし500円なし無料詳細はこちら
ビタブリッド目元、口元の乾燥小ジワを目立たなくする。なし1,500円なし無料詳細はこちら
プチノンお尻のブツブツ、黒ずみ、ニキビを目立たなくする。3回2,980円30日無料詳細はこちら
RELATED POST