LIFE STYLE

質のいい睡眠で美肌を育むために絶対したい夜寝る前の習慣

睡眠時間が少なくなってしまった、なかなか寝付けない、充分に寝たつもりなのに朝起きたら体がだるい、なんてことはありませんか?

きちんと睡眠をとれないと、肌や髪などはもちろん、体にとってもよくないです。そこで質の良い睡眠をとるための、寝る前の習慣についてご紹介いたします。

寝る前にする習慣で睡眠の質UP!

良い睡眠をとるためには、眠りに入る前に脳をリラックスさせることが大切です。逆にストレスになるようになることは良い睡眠をとる妨げになってしまいます。眠る前についついいろいろなことをリラックスして眠れるように心がけましょう。

日付が変わる前には眠る

22時~深夜2時は睡眠のゴールデンタイムと言われています。成長ホルモンの分泌が高まることで、頭の回転、健康や肌の状態もよくなります。翌日のためにも今日寝て、明日起きることを心がけましょう。

不安なことを考えない

寝る前に不安なことを考えると、深い眠りを取ることの妨げになってしまいます。そのためにも明日の準備をするなどできることをして、不安になるようなことはなるべく考えないで済むようにしましょう。

お風呂にゆっくりつかる

ストレスや疲れがたまっているときにはシャワーだけで済ませず、湯船につかるようにしましょう。夜はぬるめのお湯にゆっくりつかることで、体がよく温まります。

リラックス効果のあるアロマの香り

アロマの香りで自律神経が整い、よりリラックスできます。ラベンダーやネロリの香りなど、リラックス効果のあるアロマを使用しましょう。

寝る前にアロマを使う習慣が睡眠に入るスイッチの一つになることによって、香りで眠りに入りやすくなります。

簡単なストレッチをする

長時間ストレッチをする必要はありません。軽く体をほぐすことでゆっくりと眠ることができます。おすすめは仰向けになり、頭の上に足を上げ、呼吸をしながら深く体を曲げるヨガの「鋤のポーズ」です。

寝室の照明の色を変える

白っぽい蛍光灯色の照明よりも、オレンジ色の温かみのある「白熱電球職」が最適です。

眠る前には徐々に明りを落としていくとスムーズに睡眠まで導かれます。夜寝る前に白熱電球の間接照明に切り替えるなどするとよいでしょう。

スマホの光はそのままだとブルーライトが出ているため、脳が覚醒されてしまいます。どうしても使用する際は、ブルーライトカット機能の入った眼鏡や、スマホで調節して使いましょう。

寝る前の習慣を整えてゆっくり休みましょう

眠る前の習慣を見直し、お肌のためにも良い睡眠をとるようにしましょう。

イチオシ商品一覧

商品名説明定期縛り販売価格返金保証送料詳細
スララインウエストを引き締め、納得のスタイルへ。なし3,980円なし無料詳細はこちら
アスロング髪に必要な成分を与え、髪をキレイに。なし3,980円なし無料詳細はこちら
ビセラ体内フローラを応援。キレイサポート。なし500円なし無料詳細はこちら
BIHACU透明感のある肌へ。美容家が精選した美白ケアサプリ。3回980円30日無料詳細はこちら
ビューティーオープナー30代からの悩み肌へ。話題の卵殻膜美容液なし1,980円なし無料詳細はこちら
グラマラスパッツ履くだけで簡単にくびれと美脚に特急変身?(価格:なし11,880円なし無料詳細はこちら
セノッピーギャル曽根さんが大絶賛。話題の子供成長サポートグミ。なし1,980円なし無料詳細はこちら
CUBIRE体内フローラサポート。ダイエット時に摂取したい栄養が凝縮。なし500円なし無料詳細はこちら
ビタブリッド目元、口元の乾燥小ジワを目立たなくする。なし1,500円なし無料詳細はこちら
プチノンお尻のブツブツ、黒ずみ、ニキビを目立たなくする。3回2,980円30日無料詳細はこちら
RELATED POST