LIFE STYLE

低体温が免疫低下の原因に?体温を上げる食事のポイント

体温を測ってみたら35℃台でびっくりしたという経験はありませんか?

今回は体温を上げるための食事のポイントについて、ご紹介させていただきます。

体温が下がると免疫力が下がる?

まず、健康的な人の体温は36.5℃ほどと言われております。

最近では低体温の人が増えており、低体温だと血流の流れが悪くなってしまいます。

血流が悪くなると、身体にとっての異物に対して十分な対処ができず、体調を崩しやすくなります。

自分の平熱は3日間の朝・昼・夕の体温を測ってそれを平均したものが平熱になります。

生活習慣の改善

極度なダイエットや、ストレスや老化が低体温につながる主な原因となります。

また、食生活を改善することによって体温を上げることもできるので、体温を上げる食事生活を意識していきましょう。

体温を上げてくれる、食事のポイント

エネルギーとタンパク質を極端に減らさない

基礎代謝が低い人は低体温になっていることがあります。

また、筋肉量が少ないと熱を生み出しにくい身体になってしまうので、タンパク質も積極的に摂取するようにしましょう。

タンパク質が多く含まれている食材

・牛肉(もも肉・ヒレ肉)、豚肉(もも肉・ヒレ肉)

・白身魚

・まぐろ

・いか

・たこ

・貝類

・卵

・豆腐

・納豆

・おから

・牛乳

・ヨーグルト

「ビタミンB群」「亜鉛」「鉄」などのミネラルを摂る

食事から摂取されたアミノ酸や糖質は、ビタミンB1やビタミンB2、亜鉛や鉄などの働きで熱エネルギーに変えられるんです。

そのため、積極的に「ビタミンB1」「ビタミンB2」を摂取しましょう。

ビタミンB1が多く含まれている食材

・玄米

・オートミール

・豚肉

・カツオ

・うなぎ

・卵

・ピーナッツ

ビタミンB2が多く含まれている食材

・レバー

・うなぎ

・さんま

・ぶり

・納豆

・アーモンド

・牛乳

・ヨーグルト

亜鉛が多く含まれている食材

・牡蠣

・ほたて

・豚レバー

・牛肉

・ナッツ類

・納豆

鉄分が多く含まれている食材

・カツオ

・大豆

・レバー

・赤身肉

・あさり

・しじみ

・ひじき

まとめ

今回は体温を上げてくれる食材をご紹介させていただきました。

まずは自分の平熱を知り、低体温の方は積極的にご紹介した食材を食べるようにすることをおすすめします。

低体温だと免疫が落ちてしまい、病気にかかりやすいなどデメリットになってしまうことが多いので、今回を機にぜひ改善してはいかがでしょうか?

イチオシ商品一覧

商品名説明定期縛り販売価格返金保証送料詳細
スララインウエストを引き締め、納得のスタイルへ。なし3,980円なし無料詳細はこちら
アスロング髪に必要な成分を与え、髪をキレイに。なし3,980円なし無料詳細はこちら
ビセラ体内フローラを応援。キレイサポート。なし500円なし無料詳細はこちら
BIHACU透明感のある肌へ。美容家が精選した美白ケアサプリ。3回980円30日無料詳細はこちら
ビューティーオープナー30代からの悩み肌へ。話題の卵殻膜美容液なし1,980円なし無料詳細はこちら
グラマラスパッツ履くだけで簡単にくびれと美脚に特急変身?(価格:なし11,880円なし無料詳細はこちら
セノッピーギャル曽根さんが大絶賛。話題の子供成長サポートグミ。なし1,980円なし無料詳細はこちら
CUBIRE体内フローラサポート。ダイエット時に摂取したい栄養が凝縮。なし500円なし無料詳細はこちら
ビタブリッド目元、口元の乾燥小ジワを目立たなくする。なし1,500円なし無料詳細はこちら
プチノンお尻のブツブツ、黒ずみ、ニキビを目立たなくする。3回2,980円30日無料詳細はこちら