LIFE STYLE

自宅避難に必要な備蓄は何日分?備えておくべき最低限の備蓄リストもご紹介します。

災害大国である日本。大地震や台風などの災害は時として自分の想像をはるかに超えて襲ってきます。

その際、電気やガス、水道などのライフラインが停止してしまった場合に備えて、食料や飲料などを備蓄しておくことが重要です。

いざ災害が起きてしまったときに慌てないように、自宅に備えておくべき最低限の備蓄リストを用意しましょう!

しのぐためには最低3日分の備蓄が必要と言われています。

電気やガス、水道などのライフラインが停止してしまった場合、復活までには約3日必要と言われています。

また、交通機関が麻痺して食料や生活必需品の輸送が困難な場合もありえます。

その間、自力で生活できるよう食料や飲料水などは最低でも3日(スペースなどに余裕があれば1週間~10日分)の備蓄をしておきましょう。

備えておくべき最低限備蓄リスト

飲料水

飲料水の一人あたりの必要量は1日に約3Lが目安と言われています。

一人暮らしであれば2Lペットボトルを約5本、4人家族であれば約20本の飲料水を用意しておきましょう。

飲料水とは別にトイレを流したりする生活用水も必要です。水道水を入れたポリタンクを用意したり、お風呂の水をいつも張っておくといいでしょう。

缶詰などの非常食

非常食も飲料水と同様、3日分用意しておきましょう。

そのまま食べられる缶詰やビスケット、お湯を入れるだけでできるアルファ米、インスタントラーメンやカップ味噌汁、レトルト食品など調理が簡単なものが便利です。

チョコレートや飴も手軽に糖分が取れます。

食品用ラップ

災害時に色々と重宝するのが食品用ラップ。

ご飯を食べるときにお皿に巻いて使えば、そのままラップを捨てれてお皿を洗わずに済んで生活用水の節水にも役立ちますし、骨折が疑われる場合、芯を添え木代わりにしてラップで巻けば固定できます。

トイレットペーパーなどの衛生用品

災害時でもトイレに行ったりする生理現象はどうしようもありませんので必要です。またウェットティッシュがあるとお風呂に入れないときも体を拭けます。

簡易トイレも入れておくとトイレが使えない際に便利です。

その他、マッチなど

ガスが止まってしまうと火を起こせないので、マッチやライターを用意しておきましょう。

電気が使えないときにはろうそくがあると長時間の明かりになります。

さらにガスコンロがあるとお湯を沸かせるので重宝します。

さらにあると便利なもの

自宅避難のみであれば上記のアイテムで十分かもしれませんが、自宅が被災してしまった場合は安全な場所に避難することになります。

すぐに持ち出すべきものがセットになっている非常持ち出し袋があると更に安心できます。

最低限備蓄リストのまとめ

備えて用意しておくべき備蓄リストのまとめでした。

災害が起きてしまってから後悔しないよう、紹介したアイテムだけでも準備しておくことをおすすめします!

最後にもう一度、備蓄リストをおさらいします。

備えておくべき最低限備蓄リスト

  • 飲料水
  • 非常食
  • 食品用ラップ
  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー、ウェットティッシュ
  • 簡易トイレ
  • マッチ、ライター
  • ろうそく
  • ガスコンロ
  • 非常持ち出し袋

イチオシ商品一覧

商品名説明定期縛り販売価格返金保証送料詳細
スララインウエストを引き締め、納得のスタイルへ。なし3,980円なし無料詳細はこちら
アスロング髪に必要な成分を与え、髪をキレイに。なし3,980円なし無料詳細はこちら
ビセラ体内フローラを応援。キレイサポート。なし500円なし無料詳細はこちら
BIHACU透明感のある肌へ。美容家が精選した美白ケアサプリ。3回980円30日無料詳細はこちら
ビューティーオープナー30代からの悩み肌へ。話題の卵殻膜美容液なし1,980円なし無料詳細はこちら
グラマラスパッツ履くだけで簡単にくびれと美脚に特急変身?(価格:なし11,880円なし無料詳細はこちら
セノッピーギャル曽根さんが大絶賛。話題の子供成長サポートグミ。なし1,980円なし無料詳細はこちら
CUBIRE体内フローラサポート。ダイエット時に摂取したい栄養が凝縮。なし500円なし無料詳細はこちら
ビタブリッド目元、口元の乾燥小ジワを目立たなくする。なし1,500円なし無料詳細はこちら
プチノンお尻のブツブツ、黒ずみ、ニキビを目立たなくする。3回2,980円30日無料詳細はこちら