LIFE STYLE

どんな悩みに効かせる?【目的別】入浴剤の選び方!

一日の終わりに疲れを癒してくれるバスタイム。

リラックスした時間を楽しめるので、お風呂が好きな女性は多いですよね。

そんなバスタイムで一緒に使った方がより、楽しめるのが入浴剤です。

最近ではあらゆる効果のある入浴剤が発売されています。自身の状態にあった入浴剤を使うことによって、よりうれしい効果を実感することができます。

ただ、いろんな種類の入浴剤があるので、どれを買っていいか悩んでしまう女性も多いはず!

そこで今回は目的にあった入浴剤の選び方をご説明していきます。

入浴剤の選び方① ~冷え性には保湿成分~

冷え性や肩こり・腰痛でお悩みの方には保湿効果を重視した入浴剤がおすすめです。

保湿効果を重視した入浴剤とは、温泉系のもの。

温泉由来配合という成分が含まれていると、身体を芯から温めてくれて、入浴後もポカポカした温かさを実感することができます!

入浴剤の選び方② ~ダイエット中は発汗成分が良い~

ダイエット中や汗をたっぷりかいてサッパリしたいなー!という時は、発汗作用を重視した入浴剤がおすすめです。

汗をかきやすくしてくれるものは、海水ミネラルが含まれている入浴剤です。

トウガラシエキスやジンジャーなどが主な成分で挙げられます。

汗をたくさんかくようになるので、入浴前には多く水分補給することや入浴中に飲める水を用意して気を付けましょう!

入浴剤の選び方③ ~疲れているときはリラックス成分~

忙しい日が続いたときや、いつもより疲れた日はリラックス重視の入浴剤がおすすめです。

リラックス成分とはアロマなどによる香りになります。

華やかなラベンダーや自然を感じる森林系には心を穏やかにする働きがあると言われております。

ご自身の好きな香りがあったらそれがベストだと思います!

入浴剤の選び方④ ~角質ケアにはクレンジング成分~

角質をケアしてくれる入浴剤も最近では販売されています。

全身の角質ケアはもちろん、かかとのガサガサなどもケアしたいという場合は酵素系の入浴剤を選んでみましょう。

クレンジング系で有名で人気なものは、タンパク質を分解するパパイン酵素が含まれている入浴剤になります!

入浴剤の選び方⑤ ~しっとりした肌には保湿成分~

乾燥肌など肌荒れに悩んでいるのなら、保湿成分が含まれた入浴剤がおすすめです。

オリーブ油やホホバ油、海藻エキス、セラミド、コラーゲンなどが保湿成分に当てはまります。

乾燥が気になるという方は、保湿成分の入浴剤でしっとり肌へ導いてあげてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?目的別に入浴剤の選び方をご紹介させていただきました。

普段のバスタイムに今回ご紹介した入浴剤を使うことによって、よりいいバスタイムを味わうことができるようになります。

自信の悩みに合わせて選び、自信に合うピッタリの入浴剤を見つけて、身も心も満たしてあげましょう!

 

イチオシ商品一覧

商品名説明定期縛り販売価格返金保証送料詳細
スララインウエストを引き締め、納得のスタイルへ。なし3,980円なし無料詳細はこちら
アスロング髪に必要な成分を与え、髪をキレイに。なし3,980円なし無料詳細はこちら
ビセラ体内フローラを応援。キレイサポート。なし500円なし無料詳細はこちら
BIHACU透明感のある肌へ。美容家が精選した美白ケアサプリ。3回980円30日無料詳細はこちら
ビューティーオープナー30代からの悩み肌へ。話題の卵殻膜美容液なし1,980円なし無料詳細はこちら
グラマラスパッツ履くだけで簡単にくびれと美脚に特急変身?(価格:なし11,880円なし無料詳細はこちら
セノッピーギャル曽根さんが大絶賛。話題の子供成長サポートグミ。なし1,980円なし無料詳細はこちら
CUBIRE体内フローラサポート。ダイエット時に摂取したい栄養が凝縮。なし500円なし無料詳細はこちら
ビタブリッド目元、口元の乾燥小ジワを目立たなくする。なし1,500円なし無料詳細はこちら
プチノンお尻のブツブツ、黒ずみ、ニキビを目立たなくする。3回2,980円30日無料詳細はこちら